読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

審議中

8割くらい競馬ブログ

ドラッグ・ラグ

病気で通院している知人から聞いた話。選挙活動中の某民主党候補と一言二言、はなす機会があったので「ドラッグ・ラグって何とかならないんですかね?」と言ったところ

「そうですね、薬物はきちんと取り締まらないといけませんね」

と力強い返答が戻ってきたそうだ。おいおい明らかに意味ちがうって。当然ながら、この場合のドラッグ=not ヤク、である。

ドラッグ・ラグとは-はてなキーワード

世界的には標準的に使われているにもかからず、日本ではまだ薬としての承認すら得られていない状況を指す。
たとえばある種の抗がん剤が日本以外では標準的に使われ、効果を発揮しているにも関わらず、日本のがん患者にはまだ承認されていないので、使用することはできない。
そのため、中には個人でその薬を購入している患者さんもいる。
このドラッグ・ラグの原因としては、日本国内の新薬を開発する臨床試験(治験)の環境が欧米に比べて30年以上遅れている、ということが考えられている。(現場で働いている僕もそう思う。)
最近になって、厚生労働省もこの問題を取り除くべき最優先課題として研究班を立ち上げた。

時期的な問題もあったけど・・・

酒井、押尾の件があったのも関係しているかもしれん。しかし弱者の味方(?)民主党議員にしてはアンテナが鈍いなあ。これでは麻生太郎を笑えんよ(もう彼を叩く必要もないけど)。
ともあれ民主党には期待しているので、ぜひ勉強していただきたい。まだ始まってすらいないのだから時間はたっぷりあるハズ。