読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

審議中

8割くらい競馬ブログ

memo:亀田弟、デンカオと再戦へ

格闘技

WBAは19日、コロンビア・メデジンで行われた総会で、WBA世界フライ級王者デンカオセーン・カオウィチット(33=タイ)と同級11位亀田大毅(20=亀田)の再戦を認めることを決めた。亀田は10月の同級タイトル戦でデンカオセーンに判定負け。亀田陣営はこの判定を不服とし、再戦を要求していた。亀田史郎氏は「うれしい。後はデンカオセーン陣営との交渉やな」と、来年1月か2月の開催を目指し、王者側との交渉に入る。

日本ボクシングコミッション(JBC)によると、次戦でデンカオセーンと対戦する契約をしていたWBA前フライ級王者坂田健史(29=協栄)はスーパーフライ級にランクインしているため、現時点での挑戦は認められなかった。この日坂田は、都内のジムで「がっかりしました。力が抜けました」と落胆。

大毅がデンカと再戦、WBA認める


亀田陣営の再戦要求がWBAに認められたため、坂田健史は後回しにされたようである。
デンカオ陣営も亀田とやる気満々であるらしいが、おそらく組み易しと見ているのであろう。亀田戦でのデンカオセーンの出来は酷かったが、あれは単に衰えた結果でもあるので稼げるときに稼いでおきたいところ。坂田は以前デンカオに2RでKOされたとはいえ、亀田弟より弱いことはまずあり得ないだろうし・・(興毅ならともかく)。

まあ、ボクシング界では往々にしてこういうことはある。強すぎて世界王者から避けられまくったアントニオ・マルガリートとかね。