読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

審議中

8割くらい競馬ブログ

学生寮へようこそ(高専編)

以下の文章は、何の因果か今春から学生寮に入る方々に向けたもの。ちなみに高専編しかないよ。

ブラック学生寮の実態

さて、昨年の10月に松江高専で↓のような事件があったのはご存じだろうか。

松江工業高等専門学校松江市西生馬町)で今年4月16日未明、覆面などで顔を隠すなどした上級生ら6人が、学内の男子寮で就寝中の下級生108人をグラウンドに呼び出し、正座などを強要していたことが9日、分かった。この後、一部の学生が体調不良を訴えたことで、この事実が判明し、学校は上級生4人に退学を勧告し、全員が自主退学した。

 学校によると、4〜5年生4人と中途退学者、その友人の計6人は4月16日午前0時半ごろから約1時間半、寮生の1年生65人、2年生43人をグラウンドに呼び出し、「礼儀がなっていない」などと正座や声だし、ダッシュを強要した。うち上級生3人は、目出し帽のような覆面をしていたが、途中で脱いだという。
「礼儀なってない」就寝中の下級生108人に正座 松江高専の寮-MSN産経ニュース

この事件を知ったとき、僕はほとんど驚かなかった、というのもこれに近いことを散々経験していたからである。そして実に多く学校で『指導』と称して似たようなことが行われている。どういうわけか男子寮≒体育会系になってしまうようだ(ま、なんとなくイメージはできるよね)。
もちろん、松江高専の事件は限りなくワースト・ケースなので、逆に言えばここまで酷いところは無いとは思う(と一応フォロー)。

運試し的な何か

もし入った寮が偶然にも幸運にも松江高専的な性質を持っていなかったらオメデトウ。ぜひ楽しい寮生活を送ってもらいたい。かたやヤバい寮に入ってしまった人には同情を禁じ得ない。もし耐えがたくなったら寮をやめてもいいと思う。
とはいえ、色々な事情で簡単にやめてしまえない人もいるだろう(むしろ多くの学生が通学困難のハズ)。ではどうしたらいいのか?

先輩に気に入られる、あるいは空気っぽく振る舞う

もっとも簡単な方法は威張り散らしている先輩に気に入られることだろう。これができればかなり快適に生活できる。もちろんカタチ的には『指導』などのイベントで全体魔法(説教)を食らうことはあるが、寄ってたかって吊るし上げられることはまず無い(じっさい1対複数でこられるのが一番堪える)。
しかしそんなコトはプライドが許さない、あるいはただ単にやりたくない、とにかく嫌いな人間と関わりたくない人はとりあえず悪目立ちしないようにしたほうが良い。別にこれは常に貝のごとく押し黙っていろというワケでは無い。むしろ何も主張しない人間は同級生、下級生からこれでもかとばかりに舐められるので、それはそれで問題になろうかと思う。
簡単に言えば、最低限上から嫌われないようにしつつ、同輩と仲良くしておくのがよろしい。

負の連鎖は断ち切ろう

ロクでもない寮にも良いところが無いわけではない。まず『学校の成績が良い≠頭が良い』ということが体感できる(当たり前といえば当たり前だ)。たとえば、松江高専の事件で退学となった学生は成績優秀では無かっただろうが、少なくとも中学時代〜高専初期はそこそこの秀才だったハズである(でなければ受験合格や進級できていない)。それがあの有様(覆面説教マン)なのだから、ぱっと見の優秀さと知的レベルが必ずしも比例しないことが分かるだろう。
まあそこまでいかなくとも、多様な割と偏った人間とそこそこ深く付き合うことができる。僕は基本的に人づきあいが超苦手なのだが、何年も一緒にいる奴らと付き合わずに過ごすことはさすがにできなかった。現在でも、元クラスメイトよりも寮の連中と連絡を取り合うことが圧倒的に多い。

あと、自分のことは自分でやらないといけない生活なので多少なりともタフになれると思う。15歳でそんな生活をする必要があるかについては色々な考えがあるでしょうが。

ともあれ、ヤバい寮に入る人へ気休めに予言させてもらえば、貴方は間違いなく色々な意味で強くなれる・・・ハズ。そしてできれば、後輩には優しくしてもらいたいし、変な習慣も無くせるものなら無くして欲しい。