読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

審議中

8割くらい競馬ブログ

社会人スイマーのつぶやき

水泳ほど非コミュというか、めんどくさがり向きのスポーツってなかなか無いと思うわけですよ。
水に入って泳いでりゃ、しゃべったり、挨拶したりする必要なんて無い訳ですから。しかも一人で出来るし、部活とかじゃなかったら、練習メニューとか要らないし、どんだけイージーモードなんだって話。僕みたいな20代メタボでも水中なら、足腰傷めたりしないし。しんどくなれば上がって休んだり、帰っちゃえばOK。
それでも1000mとか1500mを30分くらいかけて泳ぐと、それなりに運動したって気になるものです。泳いでいる間は何も考えなくていいし、良いストレス解消になりますよ。じわじわと自分の体を苛めている感じがなかなか心地良いものです。
しかしながら、どういうプール、ジムを選ぶのか、というのは意外と重要で、よくよく見学して考える余地はあります。
ただ、個人的にもっともクリティカルなのは1点で、「コースが空いているか」
これに尽きます。贅沢だワガママだと思われるかもしれないけれど、1時間くらいは1コースを占領して、自分のペースで泳いだり歩いたり潜ったりしたいもの。社会人に向けてコースを解放しているスイミングスクールはけっこうありますが、1〜2コースだけだったりするとガッカリですねえ。できれば子供たちのスクールとは時間を完全に分けてくれるところがベストでしょう。あとはサウナが付いてたりするとハッピーですが、コース独占に比べれば瑣末なことですな。
そんなわけで暇で死にそうな人は水泳を始めましょうぜ。