読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

審議中

8割くらい競馬ブログ

こうして一口にハマっていくのか・・・

ラグナアズーラ2戦目

年末の新馬戦で2番人気に推されるも、8着に敗れたラグナアズーラが20日の中山6Rに登場しました。



2017/03/20 中山6R 3歳未勝利〈牝〉【ジッパーレーン】

スタートを五分で出ると、ポジションを取りに行って3番手を確保。
1000mを1分4秒というスローを折り合って追走。直線では勝ち馬に一旦離されるも、坂を上ってからは鋭い伸びを見せ、クビ差追い詰めたところがゴールでした。

好走したレースなので当然ですが、この馬の良いところがたくさん見れました。デビュー時に懸念されたゲート難もここまでは出ていないですし、初戦では皆無だった瞬発力を発揮しました。
元出資馬のアンジェリックなどは、先行すると脚が溜まらないので自然と差し馬になりましたが、ラグナアズーラは先行して前受けなんかもできそう。
一方でドスローを内で先行させたシュタルケの好プレー的な面もあるので、次は案外ということもありうるでしょう。また初戦は追い出して伸びず今回も一瞬置かれた所を見ると、スッとトップスピードに乗せることは不得手かもしれません。
しかし、前走からの大きな変わり身に大満足でした。5月生まれのハーツクライ産駒なので楽しみしかないといったところ。とりあえず無事にどこかで勝ち上がってほしいですね。