読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

審議中

8割くらい競馬ブログ

三村監督について

広島カープ

三村敏之は楽天の編成部長になっていたのか。でも俺の中では監督の印象が強いな。

 プロ野球の元広島監督で楽天の編成部長を務めていた三村敏之氏が3日、仙台市内の病院で死去した。61歳だった。

 広島県出身。67年、広島商から広島に入団。遊撃手として活躍し、75年、古葉竹識監督が率いたチームで球団初のリーグ優勝を果たした。

 79、80年に連続で日本一に輝くなど、山本浩二、衣笠祥雄らとともに「赤ヘル軍団」の黄金時代を築いた。83年に引退するまで通算1567試合に出場し、1245安打、149本塁打、490打点、打率2割5分5厘。

 94〜98年に広島監督を務め、2位が最高だったが、江藤智野村謙二郎前田智徳ら若手が育った。
訃報 三村敏之さん61歳=元広島監督、楽天編成部長

選手時代はもちろん知らないが広商からカープへ入団、さらには監督として指揮をとったというカープファンからしたらとても羨ましい人だ。その下からは前田、江藤、緒方、ノムケン、金本らが素晴らしい選手たちが出てきた。
一番印象に残っているのは98年で、5位に沈んだものの前田智徳が.335を打ち、小林幹英が鮮烈極まりないデビューを飾ったのがこの年。同時に現在に至るまでのBクラス地獄(暗黒時代)の幕開けとなった年でもあるが・・。

ともあれ広島一筋の人が外部で経験を積んで、いずれはカープに戻ってきてくれるはずだったろうと思うと残念。
しかしミスター(浩二)と2歳しか違わなかったのにはビックリである。